名曲の壺 - Fishin 4 Groove -
2008/05/31 (土) 12:10 | Reggae
Long Beach Dub Allstars - Right Back

Bradley Nowell (ブラッドリー・ノウェル) の死後、残された Sublime (サブライム) のメンバーである Eric と Bud が中心となって結成された Long Beach Dub Allstars (ロングビーチ・ダブ・オールスターズ)。
名前から推測できるように、California 州 Long Beach で育った二人が、Sublime で築き上げた Reggae,Dub×Rock,Punk というスタイルを継承。
Brad の声は聴けなくとも、彼の残した音楽を存分に楽しめます♪

そんな LBDA の 1st アルバムが、『Right Back』。
この中から極上のナンバー、"Rosarito" をご紹介!

ゆる〜いボーカル&コーラスのハーモニーから始まる、お決まりの Reggae の裏打ちのリズム。
たまに入る Dub 的なサウンドもいい味出してますね。
何と言っても Brad にも引けを取らない、心地よいボーカルが最高です★
それに絡むコーラスもかなりいい感じ!
ドライブには持ってこいの曲です!

それもそのはず。
この曲の歌詞は、平日は学校、週末は仕事というつまらない日常を送っていたある男が、何かを変えるために 『天国 = Rosarito(メキシコの地名)』 に向かって車を走らせるという内容。
結局彼は、何もかも現実と違っていた Rosarito で、水(海?)の色だけが同じだったということに気付き、何も変える必要はないと悟って、California に帰っていきました。
平凡な日常から逃れたいという気持ち、誰でも一度は思ったことがあると思います。
そんな思いを綴った曲ではないでしょうか?

この LBDA はこの後に、『Wonders of the World』 というアルバムをリリース。
このアルバムの代表曲 "Sunny Hours" では、つい最近世間を賑わした Black Eyed Peas (ブラック・アイド・ピーズ) の will.i.am (ウィル・アイ・アム) が参加。
米大統領選挙、民主党候補の Barack Obama (バラック・オバマ) 氏のスピーチからインスピレーションを受けて作曲した、"Yes We Can" は衝撃的でしたね。

その翌年、残念ながら LBDA は解散。
しかしながら、Eric が中心となって Long Beach Shortbus (ロングビーチ・ショートバス) を結成。
アルバム 『Flying Ship of Fantasy』 も Sublime, LBDA の音楽を継承ているすばらしい出来です★
今度こそは長く活動を続けて欲しいものですね。


  


◆ アルバム詳細 + 試聴 : Long Beach Dub Allstars / Right Back , Long Beach Dub Allstars / Wonders of the World , Flying Ship of Fantasy
Long Beach Dub Allstars / Rosarito

お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/02/04 (月) 22:12 | Reggae
Chris Murray - Slackness

スーパーチューズデーを直前に控えた、アメリカ大統領選挙。
民主党の候補者争いが熾烈を極めていますね。
オバマ氏かヒラリーか。
いずれが候補者となって大統領になったにしても、戦争を糧に経済効果を生み出そうというバカげたことはしてほしくないですね。

そんな近年のアメリカの戦争に対して、強い反対メッセージをうたっている曲を紹介します。
このCDのジャケットからは、Rapper のようにも見える Chris Murray (クリス・マリー)
実際は Rock Steady (ロックステディ) 、Reggae (レゲエ) といったジャマイカンスタイルのアメリカ人ミュージシャン。
ほとんどの曲がアコースティックギター中心の心地い〜い感じとなっています。
3,4年前には Fuji Rock Festival (フジロックフェスティバル) にも出演していましたね。

その Chris Murray のアルバム、"Slackness" を締めくくる最後の曲が、"Why We Go To War"。
イラク戦争を引き起こした無意味さを明確に訴えている強いメッセージに反して、メロディもリズムも彼のスタイルそのまま。
軽快で聞きやすいのが、逆に戦争を強く皮肉っているようにも聞こえます。

このような反戦的な曲だけでなく、人と人との心のつながりやヒューマニティーを歌ったピースフルな曲もたくさんありますので、是非聞いてみてください♪

◆ アルバム詳細 + 試聴 : Chris Murray / Slackness
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2007/09/13 (木) 23:07 | Reggae
Paul Simon - Paul Simon


Simon & Garfunkel (サイモン & ガーファンクル) というと、"The Sound of Silence" や "Bridge Over Troubled Water" のようなゆったりとしたハーモニーの曲、もしくは "Mrs.Robinson" のようなキャッチーな曲を想像するでしょうが、彼ら2人の内の1人、Paul Simon (ポール・サイモン) のこの曲、"Mother and Child Reunion (邦題:母と子の絆)" は完全なる Reggae Music です♪
というのも、この曲は白人が試みた初めての Reggae Music と言われており、しかもレコーディングには、あの Jimmy Cliff (ジミー・クリフ記事参照) もバックアップで参加したというお墨付き。
という訳で、Raggae 特有の裏打ちリズムにも、Paul Simon の柔らかな声は見事にマッチしていますね。

さてこのタイトル 、"Mother and Child Reunion" は Paul が中華料理屋に行ったときのメニューの名前から来ているそうです。
親子丼のようなものかな!?
そんなネタからこんな名曲を作ってしまうとは、脱帽です…。

◆ アルバム詳細 + 試聴 : Paul Simon / Paul Simon
◆ iTunes : Paul Simon / Mother and Child Reunion
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2007/08/26 (日) 18:47 | Reggae
Jimmy Cliff - The Harder They Come

夏も終わりに近づいていますが、そんなことはお構いなしに今回の 名曲の壺 は、Reggae で行きます!

Rockers (ロッカーズ) と並ぶジャマイカ映画の金字塔といえば、The Harder They Come
この映画で主演も果たした、Jimmy Cliff (ジミー・クリフ) の歌う同タイトル曲、The Harder They Come
この曲はメロディが自分的にかなり壺です。
もちろん、リズムはお決まりの Reggae 特有の心地よい裏打ち。
声も、同じ Roots Raggae の Bob Marley (ボブ・マーリー) とは一味違った柔らかな雰囲気で、これまた持っていかれる曲の一つです。

The Clash (クラッシュ)Joe Strummer (ジョー・ストラマー) の遺作、Streetcore に収録されている、この曲のカバーのライブ版もオススメですね♪

◆ アルバム詳細 + 試聴 : Jimmy Cliff / The Harder They Come , Joe Strummer & the Mescaleros / Streetcore
◆ iTunes : Jimmy Cliff / The Harder They Come
◆ DVD詳細 : The Harder They Come , Rockers
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2007/05/02 (水) 02:09 | Reggae
Bob Marley - Uprising

[ Coachella Music & Arts Festival 特集 − 第1弾 ]

Coachella Music & Arts Festival 、念願叶って今年は行ってきました!
今年は、このフェスで再結成を果たす Rage Against The Machine, Red Hot Chili Peppers, Bjork などなど、日本でも大人気のミュージシャンがヘッドライナーということもあって、このフェスの知名度も急上昇。
日本人もちらほらいましたね。

さて、この Coachella 繋がりで名曲達を!
まず1日目のラインナップはヘッドライナーの Bjork を始めとして、Jesus and Mary Chain, Arctic Monkeys, Stephen Marley, DJ Shadow, Sonic Youth など。( 詳しくは公式サイト >>>
この日のベストアクトは、今回初めて見た、Stephen Marley feat. Jr.Gong
Stephen MarleyJr.Gong こと Damian Marley は、あのレゲエの神様、Bob Marley (ボブ・マーリー) の息子たち。
Bob Marley の息子たちの中でも、一番 Bob Marley に声が似ている Stephen Marley のライブは、Bob Marley の曲も交えつつ、ルーツレゲエの真髄を聞かせてくれます!
この日、プレイした Bob Marley の曲は、"Could You Be Loved", "Exodus", "Buffalo Soldier" など、5曲ほど披露。
このカバー曲の中から、名曲の壺 − Coachella 特集第1弾は Bob Marley & The Wailers の "Could You Be Loved" 。

何と言っても特徴的なのが、独特のマイナー調のギターリフとメジャー調のサビのメロディーとの絶妙なバランス!そして、お決まりのルーツレゲエのドラムリズム、ベースラインもいいですね!
歌詞は当時のジャマイカの同士に対して、自分達の生きる権利のために立ち上がれ、と鼓舞する内容。
それでも現代の私達にとっても、同じことが言えるような気がします。

◆ アルバム詳細 + 試聴 : Bob Marley & The Wailers / Uprising
◆ iTunes : Bob Marley & The Wailers / Could You Be Loved
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
copyright © 2005-2009 Meikyoku-no-Tsubo All Rights Reserved.