名曲の壺 - Fishin 4 Groove -
2009/06/19 (金) 11:00 | Funk
The Link Quartet - Beat.It

前回ご紹介した Travis (トラヴィス) の "Walking In The Sun" の SUBARU (スバル) の CMソング繋がりで、今回は SUBARU / LEGACY・OUTBACK (レガシー・アウトバック) のBGMから。
超クールな映像を演出するキレのあるギターは、ギターの神様と言われる「ジミヘン」こと Jimi Hendrix (ジミ・ヘンドリックス) の超名曲、"Crosstown Traffic"。
60年代後半にリリースされた曲にも関わらず、今聞いてもなお斬新なサウンドで、何度聞いても聞き飽きませんね。

名曲にはカバーが付き物。この名曲も様々なアーティストによってカバーされています。
Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) の名盤、『Mother's Milk (邦題:母乳)』のボーナストラックとしてライブバージョンが収録されており、その他にも The Link Quartet (ザ・リンク・カルテット) や The Hi-Fly Orchestra (ザ・ハイ・フライ・オーケストラ) もカバーしています。
ちなみに、最近実写されると巷で有名な漫画、ハロルド作石『BECK (ベック)』 の作中で、ベーシストの平くんが「いつかカバーしてみたい」と言っていた曲でもあります。

前置きが長くなりましたが、この中から The Link Quartet (ザ・リンク・カルテット) を紹介♪
The Link Quartet は、イタリア出身のハモンド・ビートバンド、つまりハモンド・オルガンが中心のオルガン・ファンクのインストバンドです。
ハモンドオルガン以外の構成は、ベース、ギター、ドラムとなっていますが、これらはリズム楽器として機能しているような気がします。
言うなれば、ハモンドオルガンがボーカルのようにメロディーを奏でている感じですかね、誇張していますが。

彼らの "Crosstown Traffic" は、原曲でジミヘンが弾くメインリフを、あえてハモンドオルガンで弾いていて、それがまたかなりいい感じです。
リズムギターの音にもワウがかかっていて、原曲と全く違うのにそれとなーく原形のイメージを旨く残しています。
タイトなドラムも心地よく、ベースラインは曲に疾走感を出してます。
彼らのオシャレな "Crosstown Traffic"、是非聴いてみてください♪

ついでに、以前紹介した "Crosstown Traffic" に似た曲、James Taylor Quartet (ジェームス・テイラー・カルテット) の "One Way Street" も聞き比べてみたら、面白いと思いますよ〜。


関連記事 ⇒ Walking In The Sun / Travis , カバー曲特集 , Under The Bridge / Red Hot Chili Peppers, One Way Street / The James Taylor Quartet


  


◆ アルバム詳細 + 試聴 : The Link Quartet / Beat It , The Jimi Hendrix Experience / Electric Ladyland , Red Hot Chili Peppers / Mother's Milk , The Hi-Fly Orchestra / Mambo Atomico
The Link Quartet / Crosstown , The Jimi Hendrix Experience / Crosstown Traffic , Red Hot Chili Peppers / Crosstown Traffic (Live) , The Hi-Fly Orchestra / Crosstown Traffic
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/07/11 (金) 14:46 | Funk
Sly & the Family Stone - Anthology

久しぶりに Funky なヤツを!
Sly Stone (スライ・ストーン) をはじめとする Stone 兄弟と Larry Graham (ラリー・グラハム) らが中心となって San Francisco で結成された、人種混合のファンクバンド、Sly & the Family Stone (スライ & ザ・ファミリー・ストーン)
1970年に発表された彼らの代表曲の一つ、"Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)" を紹介します♪

まずこの曲のサブタイトル、"Falettinme Be Mice Elf Agin" とは "For Letting Me Be Myself Again" を Sly がモジったもの。
"Thank you for letting me be myselef again" − 『再び自分らしくいさせてくれることに対する感謝』 ということですが、一方で Sly からファンに対して発した 「俺は "Stand!" や "Everyday People" で築きあげた自分達の音楽の価値を守りつづけることに疲れた」 というメッセージも含まれているそうです。

曲はというと、イントロからスラップ奏法(日本でいうところの "チョッパー奏法") の発明者といわれている Larry Graham のスラッピングベース、ファンキーなギターとホーン隊がガッチリかみあった、極上の Funk Sound。
Stone 兄弟と Larry によるコーラススタイルのボーカルもノリノリでいい感じですね♪
アメリカでは、スポーツ観戦でのショー、イベントなどで必ずといってもいいほどこの曲がかかって、みんなで大合唱しています。
アメリカの国民的な曲と言えるのではないでしょうか?

さて、先にも少し書きましたが、この曲のほかにもたくさんの名曲を世に輩出しています。
"People Everyday", "I Want To Take You Higher", "Dance To The Music", "Family Affair" など、おそらく一度は耳にしたことがある曲ばかりだと思います。
これらの名曲は多くのミュージシャンにカバーされており、"People Everyday" はこのブログでも何度も紹介している Arrested Development (アレステッド・ディベロップメント) が HipHop バージョンでカバー。
The Baker Brothers (ザ・ベイカー・ブラザーズ)
も、つい先日リリースした 『Transition Transmission』 には、"If You Want Me To Stay" のカバー曲を収録しています。

カバー曲、原曲とも是非聴いて欲しいと思いますが、生で彼らの演奏が見たい方々に朗報!
今年の 東京JAZZ 2008 で、何と復活した Sly & the Family Stone が奇跡の初来日公演★
日本で見れるのはラストチャンスとなる可能性大なので、足を運んでみてはいかがでしょう??


関連記事 ⇒ カバー曲特集 , Chance and Fly / The Baker Brothers , Tennessee / Arrested Development


  

◆ アルバム詳細 + 試聴 : Sly & the Family Stone / Anthology , Sly & the Family Stone / Stand! , Arrested Development / 3 Years, 5 Months & 2 Days in the Life Of... , The Baker Brothers / Transition Transmission
Sly & The Family Stone / I Want to Take You Higher , Sly & The Family Stone / Dance to the Music , Arrested Development / People Everyday , The Baker Brothers / If You Want Me to Stay
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/06/28 (土) 22:53 | Funk
The Baker Brothers - Transition Transmission

今回の名曲の壺は、久々の Jazz Funk♪
UK出身の超COOLな Funky & Juzzy バンド、The Baker Brothers (ザ・ベイカー・ブラザーズ)
Rich Baker (リチャード・ベイカー)、Dan Baker (ダン・ベイカー) の Baker兄弟と Chris Pedley (クリス・ペドリー) からなるトリオバンドは、『Ten Paces』 で鮮烈なデビュー。

インスト中心の音楽で最近の Jazz Funk バンドとしての地位を確立してきた彼らが、先日リリースされた 3rd アルバム 『Transition Transmission』 では、今までとは違った The Baker Brothers の音楽を披露。
Singer をフィーチャーして、よりソウルフルかつメロディアスになっています。
Acid Jazz 的なテイストや Rock色の強い曲、なかなか渋めのカバーソングに加えて、今までと変わらぬ The Baker Brothers 独特の Jazz Funk サウンドも健在。
個人的には、こういうアプローチの方が好きですね。

さて、このアルバムから "Chance and Fly" をピックアップ。
イントロからホーン隊の登場!
それに続くスピード感溢れるベースとギターのユニゾン。
そこに加わるのが、元 Average White Band (アヴェレージ・ホワイト・バンド) の Hamish Stuart (ヘイミッシュ・ステュアート) の Vocal。
この3段階ロケットスタート的な加速がたまりません(笑)
演奏のクォリティも高く、タイトで疾走感のあるリズムもかなり気持ちいいです。
彼らのアルバムからこんな曲が聴けるとは、すごく斬新な感じがしますね。

この曲のほかにも、Acid Jazz 界から Snowboy (スノーボーイ) をフィーチャーしたり、Sly & The Family Stone (スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン) の名曲、"If You Want Me To Stay" や 以前紹介した The Quantic Soul Orchestra (ザ・クオンティック・ソウル・オーケストラ) の "Super 8" のカバー曲が収録されているので、かなり楽しめるアルバムになっています。
これは必聴です★


関連記事 ⇒ カバー曲特集 , Hold It Down / The Quantic Soul Orchestra


  

◆ アルバム詳細 + 試聴 : The Baker Brothers / Transition Transmission , The Baker Brothers / Ten Paces , Sly & The Family Stone / Fresh , The Quantic Soul Orchestra / Pushin On
The Baker Brothers / Chance and Fly
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/04/01 (火) 13:52 | Funk
Breakestra - Live Mix Pt. 1

4月になりましたね♪
今日からまた心機一転、という方も多いかと思いますが、名曲の壺 は相変わらずのマイペース宣言で(笑)。

さて今回は、愛すべき Los Angeles 発のノンストップ生演奏ブレークビーツバンド、Breakestra (ブレイケストラ) をご紹介!
Miles Tackett を中心に結成された Breakestra は60年代後半〜70年代前半にかけての Soul や Funk に強い影響を受けており、耳にしたことのあるフレーズが随所に登場します。

彼らの1stアルバム 『The Live Mix, Part 1』 の5トラック目の "Live Mix Part 1 - 5" は、Marvin Gaye (マーヴィン・ゲイ) の 代表作 『What's Going on』 の最後を飾る "Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)" のベース音をネタにしています。
力強く、うねりのあるウッドベースのリフに乗って、キレのあるギターのカッティングやキーボードで極上のグルーヴ感を生み出しています。
ソウルの名曲をネタにしつつ、ファンキーなサウンドに仕上げてるあたりがニクいですね〜♪

さて、この Breakestra に在籍していた Loslito と Raul Gonzales は、以前紹介した The Rebirth (ザ・リバース) のメンバーとしても活躍しています。
こちらもチェックしてみてください♪


関連記事 ⇒ Common Ends / The Rebirth

◆ アルバム詳細 + 試聴 : Breakestra / The Live Mix, Part 1 , Marvin Gaye / What's Going on
Marvin Gaye / Inner City Blues (Make Me Wanna Holler)
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/03/19 (水) 13:03 | Funk
The Bongolian - The Bongolian

以前にも名曲の壺で紹介した UK発、Nike Football の CM にも起用された超COOL なバンド Big Boss Man (ビッグ・ボス・マン) のフロントマン、Nasser Bouzida の別プロジェクトを紹介!

そのプロジェクトが The Bongolian (ザ・ボンゴリアン)
Big Boss Man と同じく、Latin Soul,Funk,Jazz のクロスオーバーしたサウンドがベースとなり、その名のごとく「ボンゴ」のパーカッシブなリズムと音が絶妙なスパイスを加えてます!
そんな彼らのデビューアルバム、『The Bongolian』 から極上のキラーチューン、"Champagne & Pizza" をピックアップ!

何と言ってもハモンドオルガンのシャープでファンキーな音がいい♪
まさにオルガンファンクって感じです。
さらに The Bongolian の代名詞とも言えるパーカッションのリズムがグルーヴ感を際立ててます。
アップテンポでここまでオシャレな曲ってあんまりないですよね!?
いやぁ、脱帽です…。

さて、彼ら The Bongolian は昨年末に 3rd アルバム 『Outer Bongolia』 をリリースしました!
1st アルバムと比べると、Funky な生音臭さは多少影を潜めている気はしますが、オシャレ度は格段にアップしてます♪
Check it out!!



◆ アルバム詳細 + 試聴 : The Bongolian / The Bongolian , The Bongolian / Outer Bongolia
The Bongolian / Champagne & Pizza
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
copyright © 2005-2009 Meikyoku-no-Tsubo All Rights Reserved.