名曲の壺 - Fishin 4 Groove -
2008/06/28 (土) 22:53 | Funk
The Baker Brothers - Transition Transmission

今回の名曲の壺は、久々の Jazz Funk♪
UK出身の超COOLな Funky & Juzzy バンド、The Baker Brothers (ザ・ベイカー・ブラザーズ)
Rich Baker (リチャード・ベイカー)、Dan Baker (ダン・ベイカー) の Baker兄弟と Chris Pedley (クリス・ペドリー) からなるトリオバンドは、『Ten Paces』 で鮮烈なデビュー。

インスト中心の音楽で最近の Jazz Funk バンドとしての地位を確立してきた彼らが、先日リリースされた 3rd アルバム 『Transition Transmission』 では、今までとは違った The Baker Brothers の音楽を披露。
Singer をフィーチャーして、よりソウルフルかつメロディアスになっています。
Acid Jazz 的なテイストや Rock色の強い曲、なかなか渋めのカバーソングに加えて、今までと変わらぬ The Baker Brothers 独特の Jazz Funk サウンドも健在。
個人的には、こういうアプローチの方が好きですね。

さて、このアルバムから "Chance and Fly" をピックアップ。
イントロからホーン隊の登場!
それに続くスピード感溢れるベースとギターのユニゾン。
そこに加わるのが、元 Average White Band (アヴェレージ・ホワイト・バンド) の Hamish Stuart (ヘイミッシュ・ステュアート) の Vocal。
この3段階ロケットスタート的な加速がたまりません(笑)
演奏のクォリティも高く、タイトで疾走感のあるリズムもかなり気持ちいいです。
彼らのアルバムからこんな曲が聴けるとは、すごく斬新な感じがしますね。

この曲のほかにも、Acid Jazz 界から Snowboy (スノーボーイ) をフィーチャーしたり、Sly & The Family Stone (スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン) の名曲、"If You Want Me To Stay" や 以前紹介した The Quantic Soul Orchestra (ザ・クオンティック・ソウル・オーケストラ) の "Super 8" のカバー曲が収録されているので、かなり楽しめるアルバムになっています。
これは必聴です★


関連記事 ⇒ カバー曲特集 , Hold It Down / The Quantic Soul Orchestra


  

◆ アルバム詳細 + 試聴 : The Baker Brothers / Transition Transmission , The Baker Brothers / Ten Paces , Sly & The Family Stone / Fresh , The Quantic Soul Orchestra / Pushin On
The Baker Brothers / Chance and Fly
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/06/20 (金) 12:44 | Rock
Joe Strummer & The Mescaleros - Streetcore

雨続きで嫌な季節ですが、梅雨が明ければ夏はすぐそこ!
夏に向けて Reggae な Rock を紹介します♪

The Clash (ザ・クラッシュ) のフロントマンであり、The Pogues (ザ・ポーグス) のメンバーとしても活躍していた、Joe Strummer (ジョー・ストラマー) 率いる Joe Strummer & The Mescaleros (ジョー・ストラマー & ザ・メスカレロス)。
彼らの 3rd アルバムに収録されている、Reggae の伝説的名曲、Bob Marley (ボブ・マーリー) の "Redemption Song" のカバー曲をピックアップ。

The Clash 時代から Reggae を積極的に取り入れていた Joe だけあって、彼がこの曲をカバーするのは必然というような気もします。
ですが、この曲はオリジナル曲、カバー曲とも Reggae というより、Folk Song という感じ。
そして、ゆったりとしたリズムで、アコースティックギター1本と Joe の歌声で奏でるこの曲は、Bob Marley が歌ったような力強さはさほどありませんが、心に響くものがあります。

この "Redemption Song" は Joe Strummer だけでなく、たくさんのアーティストにカバーされています。
Rock からは Ben Harper (ベン・ハーパー), U2 (ユーツー), Pearl Jam (パール・ジャム), Soul からは Stevie Wonder (スティーヴィー・ワンダー), Hip Hop からも Speech (スピーチ), Lauryn Hill (ローリン・ヒル) など、様々なジャンルのアーティスト達からリスペクトされ、カバーされています。
この曲の偉大さを物語っていますね。

Bob Marley がこの曲をレコーディングしていたとき、彼は既に病魔に冒されていました。
Joe Strummer もまた、このアルバムが遺作となってしまいました。
彼の死を知ったときのことは今でも覚えています。
2002年12月、東京キネマ倶楽部での EGO-WRAPPIN' (エゴ・ラッピン) でのライブ中、Vo.の中納良恵がMCで 『Joe Strummer 死んだの知ってる?』 と一言発しました。
信じられなくて、上の空でその後の演奏を聴くともなく聴き、帰ってすぐにインターネットで事実を確認しました。
いやぁ、ショックでしたね。
R.I.P. Joe....


さて、この Joe Strummer の生涯を綴った映画 『Joe Strummer: The Future Is Unwritten (邦題:ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー)』 が、昨年一部の映画館で上映されました。
これを見た知人によると、相当良かったらしいです。
Joe を俳優として 『Mystery Train』 に起用した映画監督、Jim Jarmusch (ジム・ジャームッシュ), Johnny Depp (ジョニー・デップ), Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) の Anthony Kiedis (アンソニー・キーディス) & Flea (フリー) など、豪華なキャスティング!
今年DVDがリリースされたみたいなので、是非チェックしてみてください★


関連記事 ⇒ カバー曲特集 , Could You Be Loved / Bob Marley & The Wailers , Power of the Gospel / Ben Harper , For Once In My Life / Stevie Wonder , Gone Away / Speech , Mystery Train / The Paul Butterfield Blues Band


  


◆ アルバム詳細 + 試聴 : Joe Strummer & The Mescaleros / Streetcore , Bob Marley & The Wailers / Uprising , The Clash / London Calling
Bob Marley & The Wailers / Redemption Song , Stevie Wonder / Redemption Song , Speech / Redemption Song

◆ DVD : Joe Strummer: The Future Is Unwritten (邦題:ロンドン・コーリング ザ・ライフ・オブ・ジョー・ストラマー)

お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2008/06/07 (土) 14:10 | Hip Hop
Kero One - Windmills of the Soul

今回の 名曲の壺 は、DJ、プロデューサー、MC と多彩な才能を持つ HipHop アーティスト Kero One (ケロ・ワン) です。
またもや西海岸です。最近アメリカ西海岸の音楽の紹介が続いてますね(笑)。

彼の音楽もまた、西海岸のゆ〜ったりした雰囲気を漂わせる、最高に気持ちいい曲ばかりです。
Jazzy HipHop という枠では収まりきらない、スケールの大きい音楽を展開しています。
それもそのはず。
DJ,MC としてだけでなく、自らギター、ベース、キーボードなどの楽器も演奏し、トラックを作成しているそうです。
しかもセンス抜群!!素晴らしいですね!

さて、このオシャレなアルバムからピックアップするのは、"In All the Wrong Places"。
ピアノ(キーボード)のイントロが、どこかもたっているようで、かな〜り気持ちのいいリズムを生み出しています。
そのリズムに乗ったメロウなラップも絶妙です。
そして、ラップを引き立てる Jazzy なサウンド。
ただのトラックとしてのサウンドではなく、完成度の高い Jazz としてのサウンドとして成立しています。
生音とラップのバランスが抜群のこの曲、聴かないと損ですよ〜。

ちなみにこの Kero One、今年の夏にニューアルバムをリリース予定だそうで、こちらの方も楽しみですね♪



◆ アルバム詳細 + 試聴 : Kero One / Windmills of the Soul
Kero One / In All the Wrong Places
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
copyright © 2005-2009 Meikyoku-no-Tsubo All Rights Reserved.