名曲の壺 - Fishin 4 Groove -
2009/06/19 (金) 11:00 | Funk
The Link Quartet - Beat.It

前回ご紹介した Travis (トラヴィス) の "Walking In The Sun" の SUBARU (スバル) の CMソング繋がりで、今回は SUBARU / LEGACY・OUTBACK (レガシー・アウトバック) のBGMから。
超クールな映像を演出するキレのあるギターは、ギターの神様と言われる「ジミヘン」こと Jimi Hendrix (ジミ・ヘンドリックス) の超名曲、"Crosstown Traffic"。
60年代後半にリリースされた曲にも関わらず、今聞いてもなお斬新なサウンドで、何度聞いても聞き飽きませんね。

名曲にはカバーが付き物。この名曲も様々なアーティストによってカバーされています。
Red Hot Chili Peppers (レッド・ホット・チリ・ペッパーズ) の名盤、『Mother's Milk (邦題:母乳)』のボーナストラックとしてライブバージョンが収録されており、その他にも The Link Quartet (ザ・リンク・カルテット) や The Hi-Fly Orchestra (ザ・ハイ・フライ・オーケストラ) もカバーしています。
ちなみに、最近実写されると巷で有名な漫画、ハロルド作石『BECK (ベック)』 の作中で、ベーシストの平くんが「いつかカバーしてみたい」と言っていた曲でもあります。

前置きが長くなりましたが、この中から The Link Quartet (ザ・リンク・カルテット) を紹介♪
The Link Quartet は、イタリア出身のハモンド・ビートバンド、つまりハモンド・オルガンが中心のオルガン・ファンクのインストバンドです。
ハモンドオルガン以外の構成は、ベース、ギター、ドラムとなっていますが、これらはリズム楽器として機能しているような気がします。
言うなれば、ハモンドオルガンがボーカルのようにメロディーを奏でている感じですかね、誇張していますが。

彼らの "Crosstown Traffic" は、原曲でジミヘンが弾くメインリフを、あえてハモンドオルガンで弾いていて、それがまたかなりいい感じです。
リズムギターの音にもワウがかかっていて、原曲と全く違うのにそれとなーく原形のイメージを旨く残しています。
タイトなドラムも心地よく、ベースラインは曲に疾走感を出してます。
彼らのオシャレな "Crosstown Traffic"、是非聴いてみてください♪

ついでに、以前紹介した "Crosstown Traffic" に似た曲、James Taylor Quartet (ジェームス・テイラー・カルテット) の "One Way Street" も聞き比べてみたら、面白いと思いますよ〜。


関連記事 ⇒ Walking In The Sun / Travis , カバー曲特集 , Under The Bridge / Red Hot Chili Peppers, One Way Street / The James Taylor Quartet


  


◆ アルバム詳細 + 試聴 : The Link Quartet / Beat It , The Jimi Hendrix Experience / Electric Ladyland , Red Hot Chili Peppers / Mother's Milk , The Hi-Fly Orchestra / Mambo Atomico
The Link Quartet / Crosstown , The Jimi Hendrix Experience / Crosstown Traffic , Red Hot Chili Peppers / Crosstown Traffic (Live) , The Hi-Fly Orchestra / Crosstown Traffic
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
2009/06/05 (金) 16:47 | Rock
Travis - Singles

いよいよ梅雨の季節になりましたね。
じめじめした空気を吹き飛ばすような爽やかな曲が、テレビから聞こえてきたので紹介♪

Robert De Niro (ロバート・デ・ニーロ) が出演する SUBARU (スバル) / LEGACY (レガシー) のCM曲から、Travis (トラヴィス) の "Walking In The Sun"

サッカー日本代表の中村俊輔が所属するセルティックの本拠地、スコットランドのグラズゴー出身の Travis。
90年代後半から Radiohead (レディオヘッド) などと共に UK Rock シーンを牽引したバンドです。
音楽的特徴といえば、何と言っても美しいメロディ。
シンプル過ぎず、難解すぎず、彼ら独自のサウンド的ポジションを確立していますね。

さて、今回紹介する "Walking In The Sun" はオリジナルアルバムには収録されておらず、2004年発売のシングル集アルバム 『Singles』 に入っています。
この曲は試聴して一発で好きになりました。
あまりベスト盤、シングル集などは買わない方なのですが、この曲欲しさにこのアルバムを購入したのを覚えています。
CMでお馴染みの通り、美しいギターのイントロに始まり、Fran Healy (フラン・ヒーリィ) の澄んだ歌声が美しく滑らかなメロディーを奏でます。
本当に気持ちが良い曲で、CMのような海岸沿いのドライブのBGMとしては最高ですね♪

この曲以外にも、"Writing to Reach You", "Why Does It Always Rain on Me?", "Sing", "Flowers in the Window", "Re-Offender", 最近のものでは "My Eyes" など、個人的にも大好きな曲がたくさんあります。
どれも美しく爽やかな曲ばかりです。
これらの収録されているアルバムはどれも外れがないので、是非聴いてみてください!

  


◆ アルバム詳細 + 試聴 : Travis / Singles , Travis / Ode to J. Smith , Travis / The Boy with No Name , Travis / Invisible Band
お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
copyright © 2005-2009 Meikyoku-no-Tsubo All Rights Reserved.