名曲の壺 - Fishin 4 Groove -
2008/04/22 (火) 14:30 | Jazz
Marcus Miller - The Sun Don't Lie

今回の 名曲の壺 でご紹介するのは、Marcus Miller (マーカス・ミラー) の 『The Sun Don't Lie』 から!

以前紹介した "Just the Two of Us" ではすばらしいベースラインを奏で、この名曲を世に送り出した、Marcus Miller。
NY 出身の彼は、プロデューサー、作曲、編曲まで手掛ける何でも屋。
楽器もベースだけでなく、クラリネットやキーボード、サックスやギターまでこなすマルチミュージシャンなんです。

普段は裏方的な役割を担っているのですが、彼のソロアルバムでは超絶テクを存分に楽しむことができます♪
何でも屋とは言っても、彼の本業はベース!
凄すぎてため息&うっとりします…。

Marcus Miller 色に染められたこのアルバムは、 Marcus Miller の恩師でもある Miles Davis (マイルス・デイヴィス) に捧げたアルバム。
日本版はタイトルが何故か『The King is Gone』 となっていますが、Miles への追悼の意を表に出した結果でしょうか?
ちなみに、"The King is Gone (For Miles)" はこのアルバムに収録されている曲の1つです。

このアルバムの "Rampage" という曲は、Miles Davis の 『Amandla』 の未収録曲で、当時レコーディングされた Miles Davis のトランペットの音に Marcus が再び命を吹き込んだ形でリリースされました。
イントロから Marcus の力強いスラッピングベースが強烈な存在感を示す一方で、Miles のソロパートでは一転してメロウな曲調で、彼のトランペットを充分に引き立てています。
最も、この Miles のトランペットの音に関してはミキシングの影響もあってか、賛否両論ですが。
それでもこういう形で再現されたセッションにも関わらず、彼らの師弟関係が垣間見れるのは素晴らしいですね。

このアルバムには、『Amandla』 に収録されている "Mr. Pastorius" も入っています。
もちろん Jaco Pastorius (ジャコ・パストリアス) に捧げた曲です。
この他にも彼のスラップ(チョッパー)が満載の曲や、Jaco のようなベースラインを弾いた曲など、Marcus Miller のベースの素晴らしさを堪能でき、また彼の Jazz のルーツを探ることができるアルバムとなっているので、是非チェックしてみてください!
Rock 好きの方にもオススメです♪



◆ アルバム詳細 + 試聴 : Marcus Miller / The Sun Don't Lie , Miles Davis / Amandla
Miles Davis / Mr. Pastorius

お気に入りに追加

▼ この曲を他のブログで検索 ▼

にほんブログ村 音楽ブログへ 人気blogランキング FC2 Blog Ranking
Comments
Comment for this Post
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/02/16(水) 01:47 | | #[Edit]
Compose a Comment
URL :
Comment :
Password :
 
TrackBack
TrackBack URL for this Post
TrackBack for this Post
おなじみ最高のベーシストの一人 このアルバムもベースは当然のこととしてメロディー楽器として、使用されています。 #5 Scoop は心地よいノリとテーマのメロディが印象的、そし
2009/01/18(日) 08:38 | Fun Music
copyright © 2005-2009 Meikyoku-no-Tsubo All Rights Reserved.